Rebelle スウィートリベンジ オリジナル塗装(リペイント)レポート

ナーフの新たな楽しみ方『オリジナル塗装』をやってみた!第一弾、Rebelle スウィートリベンジをオリジナル塗装してみたレポートです!なんと、オリジナル塗装のモチーフは仮面ライダーカブト!?

【Amazon】Nerf Rebelle ナーフスウィートリベンジダーツキット 並行輸入品
スウィートリベンジ オリジナル塗装

ナーフのレベルシリーズ『スウィートリベンジ(SWEET REVENGE)』をオリジナル塗装(リペイント)してみましたので、そのレポートをお送りします。
レベルシリーズは元々女の子向けというコンセプトのブラスターなので、全体的に曲面主流のデザイン、プリントもカラフルです。
5弾装填のリボルバー式で、シリンダーからそのまま発射されるので弾づまりもありません。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

では、早速分解してみます。
黒いネジは全部で12本
上面のピンクのレール部分のネジだけ短くなっていますので注意!
他は全部共通です。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

レール部分にはスプリングが挟まっています。
無くさないうちに先に外して保管しましょう。※画像上部
中もネジ止めが片面2箇所(合計4箇所)あります。
中のネジはシルバーなので混同しないように配慮されています。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

分解が終わったら、表面の油分を除去するために洗剤とクレンザーを混ぜた物を古い歯ブラシに含ませてゴシゴシ洗います。
水分を拭き取りよく乾燥させてから、今回はメタリック塗装をするので下地に黒サフを吹きます。
※シルバーやゴールドの下地に黒を吹いておくと発色が良くなります。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

ですが、下地の翼模様のプリントがハッキリ浮き出てしまい、サフも弾かれてブツブツになってしまいました。
何事も横着はいけません。
カバーパーツだけペーパー掛けして、翼模様を落とします。
400番で模様が綺麗に落ちましたので、続けて600番~800番で表面を磨きます。
※この作業前、サフを落とすためうすめ液に3時間ほど漬け込んだら、素材がもろくなってしまい中のビス止めの軸が3本程折れてしまいました。みなさんは絶対マネしないでください。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

今回は綺麗にサフが乗りました。
他のパーツにも軽くペーパー掛けして黒サフを吹きます。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

サフが充分乾いたらシルバーを吹きます。
面積が大きいのでどうしてもホコリがついてしまいます。
ホコリが付いた部分をABSの下地が出ない程度に再度ペーパー掛けで落とします。
若干下地が出てしまいましたが、充分リカバリー可能な範囲です。
削りカスを洗い流してから、再度シルバーを吹きます。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

ホコリの無い綺麗な塗面が出来ました。

スウィートリベンジ オリジナル塗装
スウィートリベンジ オリジナル塗装

この上からクリアーレッドを吹き付けます。
クリアーカラーは中々発色してくれないので、思った色が出るまで塗り重ねます。
※塗装中にホコリが付いてしまうとシルバー塗装からやり直しになるので注意。

左右の色が揃うように気を付けながら塗り重ねていきます。

スウィートリベンジ オリジナル塗装
スウィートリベンジ オリジナル塗装

充分発色したら表面の保護と艶出しを兼ねて、光沢クリアーを吹きます。
コンパウンドで軽く磨いて完成です。

スウィートリベンジ オリジナル塗装
スウィートリベンジ オリジナル塗装

実は今回のカラーリングモチーフは、仮面ライダーカブト。
カブトと言えば、メタリックレッド・ブラック・シルバーの配色ですが、カブトゼクターの角の裏側がゴールドなので先端のステーにゴールドを配色しました。当初シルバーでしたが、よいアクセントになったと思います。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

グリップは質感の違う部分で塗り分け。フラットシルバーにしてあります。

スウィートリベンジ オリジナル塗装

普段はガンプラやライダーの塗装がメインで、ナーフは今回はじめて塗装してみたのですが、すごく楽しいですね!
同じデザインなのに、リペイントするだけで全く違う雰囲気のものに変わるという製品はなかなかないと思います。
多くの方がリペイントしてるのがよくわかりました。

また、ナーフでオリジナルペイントに挑戦してみたいと思います!(仮面ライダーモチーフ塗装、またやりたい…)

写真・文・塗装:佐武大佐







  • LINEで送る

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ