N-STRIKE ELITE ストロングアーム NCV 神連射キット レビュー

ナーフ N-ストライクエリート ストロングアーム NCV 神連射キットのレビューです。数あるブラスターの中でも最も「銃」らしい、6発装填と連射が可能なリボルバータイプ。低価格なのに高いクオリティは、まさにナーフの入り口としては最適です!

【Amazon】ナーフ N-ストライクエリート ストロングアーム NCV 神連射キット
ナーフブラスター、N-STRIKE ELITE ストロングアーム NCV 神連射キット
ナーフブラスター、N-STRIKE ELITE ストロングアーム NCV 神連射キット

ブラスターレビューの第二回目に登場するのは、まさに王道なブラスターといってもいいくらい、大メジャーなNERF N-STRIKE ELITEシリーズの「ストロングアーム」です。
日本国内の発売は2015年3月。

シリーズ: NERF N-STRIKE ELITE
名称: ストロングアーム NCV 神連射キット
全長: 約31cm
発射仕様: スラムファイアスライドと呼ばれるスライド式
装填弾数: リボルバー式最大6発
利用可能弾種: エリートダーツ
ユニバーサルマイクロダーツ
マイクロダーツ
連射性能: リボルバーに6発装填後、トリガーを引きながらスライドさせることで、ラピッドファイアーモードという連射機能が発動。
射程距離: 最大15m、計測時約12m強
ユニバーサルマイクロダーツ、マイクロダーツでは10m未満
扱いやすさ: グリップは大人でもフィットする握りやすさ、手の大きな人でも扱える大きさなので大人が持っても違和感が無い。
本体サイズから受ける印象よりも軽量。
特徴: リボルバー装填によるスライド式コッキングで連射が可能。
トリガー引きっぱなしで発動する手軽さ。
リロード時にリボルバーを排出するギミックで装填も簡単

リボルバーが目を惹きます。パっと見からでも「銃」とわかる、リボルバーなタイプなルックスにまず目を奪われます。
しかし、見た目だけではありません。
実は、とっても扱いやすいブラスターなのです。
大きさこそ全長31cmとやや大きめなのですが、見た目の大きさからは相反して結構軽いので、お子様でもブンブン振り回すことができるかと思います。

ナーフブラスター、N-STRIKE ELITE ストロングアーム NCV 神連射キット

給弾は、左側面にあるオレンジのボタンを押しながら反対側から押し出すことでリボルバーが本体出てきます。
通常のリボルバータイプであればリボルバーの背面から装填することになりますが、ストロングアームの場合は前面からダーツを装填します。
ちょっと残念なのは、実銃と違ってリボルバーが中途半端にしか出てこないところでしょうか。
使用可能なダーツは、エリートダーツ、ユニバーサルマイクロダーツ、マイクロダーツ。
ダーツを装填し、リボルバーを本体に戻すと「ああ、銃だなぁ」という気分にさせてくれます。

ナーフブラスター、N-STRIKE ELITE ストロングアーム NCV 神連射キット

発射時のコッキングは、本体後部にあるグレーのスライドバーを「カチッ」と音がするまで引くことで完了で、あとはトリガーを弾けば発射されます。
発射してコッキングする度に、シリンダーが回転するアクションを見ると、やはり「銃だなぁ」とトキメキます。

ダーツの飛距離、つまり射程距離にしてもブラスター本体がしっかりとしたサイズのせいか、かなり安定した距離を飛ばすことができます。
筆者が実際に近所の公園で撃ってみた際は、11~12mくらい飛びました。

しかし、このストロングアーム「神連射キット」には、隠れた機能があるのです。
それが「ラピッドファイアモード」。
トリガーを弾いたままの状態でスライドバーを引くと、そのまま連射されるのです!
イメージ的には、連射で弓矢を引く感じでしょか。
これは、実際対戦系のゲームをする際には、とっても有利な機能です。

見た目よし、ギミックアクションよし、性能よし、そして低価格(大体2,000円以下)という四拍子揃ったブラスターのストロングアームですが、不満点もあります。

必殺の「神連射」機能ですが、曲がっているようなダーツを使用すると、すぐに弾が詰まってしまいます。
そして、コッキングのスライドが途中までは軽いのですが、突然倍くらいの重さになるのも気になる点です。
普通に一回一回のコッキングならまだ大丈夫ですが、お子様ではちょっと厳しいかもしれません。
せっかくの「神連射」なのに、ここはもったいないです。

ナーフブラスター、N-STRIKE ELITE ストロングアーム NCV 神連射キット

そして、これは性能面ではないのですが、ちょっと塗装のクオリティが雑です。
2年前に発売された通常版のストロングアームは、青がベースで白がアクセントとして塗られていましたが、今回はその逆。
本体が白ベース、青がアクセントとして塗られています。
このアクセントとなってる青の塗装ですが、よく見ると結構雑な塗りというのがわかります。
せっかく完成度の高いブラスターなので、出来ればこういったところも気を使っていただければ、と。
※だから塗り替える人が多いのかもしれません。

とはいえ、メイン級のハンドガンとして高いポテンシャルを持っているブラスターであることは間違いありません。
最初にどのブラスターを買えばいいのか迷っている方は、まずこのストロングアームを購入すれば間違いないチョイスになります!

文・写真:ひざ山光輝







  • LINEで送る

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ